2014年11月4日火曜日

新聞に載ったはいいけど


先週の新聞に、先日行った書道教室の様子が掲載されました。

実は講座を開始する前にいきなり新聞社の人が来て、写真をとっていったのです。

こっちは初めてのコースで緊張してるのに、何の前触れもなく「ちょっと書いてみてください」
と言われ、手先が若干震えるのを隠すために筆圧MAX。笑

すんごい雑で下手くそな書を書くの図↓


あまりにもひどい字だったので、載せないでのお願いしたけど、載ってしまった。
しかも、けっこうな大きさで。

まー、それはいいんだけど、問題はこれ。

日本人の市民と書いてほしかったり

私の漢字名、知ってる人は知ってると思うけど、ここでは「古い小さな家」と訳されて
います。(泣)

コースの中で、私の名前を引き合いに出して漢字の説明をしていたんだけど、何をどうして
どうなったらそんな風に間違っちゃうわけ???

どこの親が自分の子供にこんな名前付けるっていう話で。

ますます日本が訳のわからない不思議な国になっちゃうじゃない。

後日学校の人から謝られたけど、そういえばここの新聞社には以前、別件で載せてもらった
記事にも間違いがあった。

そのときは私たちの旅についての記事だったんだけど、なぜかロシアのバイカル湖で
結婚式を挙げたことになっていた。

新婚旅行の旅でバイカル湖は通過点で滞在もしたけど、結婚式は挙げてない!

まあね、たかだか一小市民の旅の記録とか名前とか、だれも気にも留めないと思うけど
記者が書いて掲載されれば、それが事実じゃなくても、訂正されなければ残るわけだからね。

わたしのことを古小屋だなんて呼ぶ人が現れたら、恨むぞよこの新聞社!

なんだけど、この文章を見ると私の名前がフルネームで書かれており、もしかしたら
苗字を古小屋と思う人もいるかもしれないか、、、なんて思ったり。

古屋さんというのはよくいるけど、古小屋さんというのがいればつじつまが合う???

合わないか!

いずれにしてもドイツ人にとってはどーでもいい話。

この記事も、とある新聞の私が住む町のローカル欄なので、おそらく他の日本人が読む
ことはないでしょう。

はーよかった、、、って、自分でネタにしてるやん! 笑


2 件のコメント:

  1. ぶっ。スミマセン、でも笑ってしまいました。
    してやられましたねー、新聞社に。名前の漢字の説明も旅行の件も、話を聞きながら頭の中で勝手な想像が膨らんだんでしょうか。それか、自分のメモが後から読めなかったのか・・・。
    Gastってのも微妙な気持ちになりますね。
    ところで、前の記事の自転車でヌイグルミのようにおんぶされてるお子さんの写真、すごくいいです!近くに住んでたら、いつでもお預かりするのになー。

    返信削除
    返信
    1. ねーほんと、ひどい話ですよね。
      この事を義母に話したら、義母も昔取材を受けたとき、話した事とは
      違うことが書かれたみたいで、「そんなもんよ、新聞なんて」と言ってました。
      私の名前の件も、メモとかしてなくて、学校の関係者から人づてに聞いたんでしょうね。
      ま、いいんですけどっ! 笑
      うちのちびっ子も、サイクリングデビューです。キョロキョロ景色を見回して
      楽しそうでした。背負えるようになって、また一段と育児が楽になりました。

      削除