2014年12月18日木曜日

赤ちゃん服が作りたい

ありがたいことに、妊娠中から方々から回ってきた妊婦服や授乳服。
そして、大量の赤ちゃん服。

日本人の奥さんたちからのもあれば、ドイツ人の友人からのもあり。

妊婦服に至っては、お腹が大きい頃は夏だったので、自前のチュニックやワンピ-スで
乗り越えたため、買ったものはレギンス1枚のみ。

授乳服というのも回ってきたけど、これは日本ならではのものなのだろうか?
公衆の面前で堂々と授乳をするドイツでは、こういうのを作る発想は浮かばないだろうな。

私も着用せぬまま、次の方に回してもらった。

そして赤ちゃん服。

これはもう大量で、出産前に集まっていたものですでに200着ぐらいあったと思われる。

出産前ギリギリになって、サイズやアイテムの仕分けをしたっけ。
あれやこれやを思いながら。楽しかったなー。

その中で、私が良いと思ったのはほんの一握り。

多分200着中、取れたのは30着ぐらい。

夏の子だったので、着るものもシンプルで楽だったから良かった。

それからも徐々にお下がりが回って来るようになり、それで事足りちゃっているので
生まれてから半年経つけど、実に買ったものと言えばセーター2着と靴下とタイツのみ。
セーターは大きすぎてまだ着れていないという。。。

赤ちゃんの服って、こだわるとすごく難しい。

時代も時代なのか、赤ちゃん用のくせにオシャレアイテムがいっぱい。
だから選ぶのに苦労すると思うんだけど、果たしてそれが赤ちゃんにとっていい服なのか
謎なアイテムも多数あり。

たとえば、ウォッシュ加工のローライズジーンズとかストレッチのスキニーパンツとか。

着れば可愛いんだろうけど、年中寝っ転がってるのに、縫い目がゴツいジーンズとか、
アーガイルのVネックカーディガンにオックスフォードのシャツ、それにチノパンとか、
「大学生ですか?」みたいな、コーディネートのディスプレイを見た時には、ちょっと苦笑い。

ま、いいんですけど。人それぞれ好みはあるから!

だけど、赤ちゃんがオシャレすぎるのに違和感を抱くのは私だけ??

回ってきた服の中にもオシャレ服がいくつかあって、確かに可愛いのよ。
可愛いんだけど、うちの坊にはとにかく似合わなかった。

特に襟のついてるシャツとか、ジーンズとかも。
そういうアイテムを着せると、いきなり赤子の無垢さが失せるというか。

赤ちゃんらしいと言ったらアレだけど、私は着心地と着せるのが簡単というのが第一で
坊やの服は常にトレパンにパーカーみたいな格好。それかオーバーオール。

本当はジャージ上下とかが一番いいけど、見たことがないなー。

これは、友達が作った赤ちゃん服。
彼女も2人男の子がいて、全部彼らのお下がりだけど、着用感があって着心地良さそうだし
あかちゃんの可愛さが際立つフォルム。

大人になったら、こんな色の服着れないもんなー。(私はね)

そしてこういう色合いって、金髪の赤ちゃんに良く似合うんだなー。


ミシンは踏めるけど、ちゃんとした服って作ったことがなくて、でもこういうのを見ちゃうと
作って見たくなるな。

できるかなぁ。


2 件のコメント:

  1. 私は2年ほど前から自分の服をたまに縫うようになったんですが、子供がいたら、子供服づくりにはまってただろうなー!と思っています。サイズが小さいから縫いやすくて完成が早そうだし、多少失敗しても「ま、すぐ着れなくなるから」とあきらめがつきそうだし(笑)
    kotomiさんならではのセンスで色々挑戦してみてください~。楽しいと思うなー。
    よい、クリスマスを!!

    返信削除
    返信
    1. そうなんですよ。サイズが小さいから、何なら手縫いでもいけるんじゃないかなんて
      思ってて。足踏みミシンがご機嫌ナナメで、相性がどうも合わなくて、これを機に買ったほうがいいのかなんて思ってます。好きなんですけどね、足踏み。
      でもこの際やるんだったら、ロックミシンとかも欲しいです。
      ドイツの生地はなかなか高いので、日本で色々生地屋めぐりをしようかと思います。
      いぷしろんさんも、よいクリスマス、そして良いお年を!!!

      削除