2015年10月27日火曜日

花梨、350キロ。

日曜日。

なおりかけの風邪を完治させようと、1日中一人でゆっくりゴロゴロする予定だったのに
急遽庭の花梨を全収穫して、搾り屋にもってゆくことに。

聞いてないよー。



というのも、近所の搾り屋の今年の営業は終わってしまったらしく、去年と同様ちょっと遠い
所にある搾り屋に持ち込めるのも、この日しかなかった。

もうちょっと熟していれば、落ちてしまう実があるため収穫量も減るんだけど、今年はそんな
理由から、ちょっと早めに収穫したので、殆ど全収穫。

部屋が花梨の匂いで充満していた。これが全部柿だったらよかったのに

        

会場だったところ。
 

予約を入れたのも急だったので、先客の分が終了してからの作業。
 
3時間待って、ようやく私たちの番に。

くりぼう君の目が光った!(加工じゃないです)

 
この時点で夜の8時をまわっていて、本当は帰れるはずのスタッフさんも頑張って最後の一仕事。

。。。の割には、うんざりするぐらいの量だったと思う。

それもそのはず、350キロ!!

去年の倍はありました。

 


 結局できたジュースは190リットル。

はははー、出来過ぎて笑っちゃうわ。

きっと、どこかで売ると思う。

花梨って、匂いはとても良いのに生食ができず、調理法も少ない。
お酒にしたり、蜂蜜につけるにしても、必要な量は微々たるもので。

で、ジュースも自然な甘みはあるものの、ちょっと独特な渋みがあったりするので、
好みも分かれる。
私もそんなに好きではないし。

なのに、何ですか!この収穫量。
来年は、果実を引き取ってくれる人でも探そうかしら。

私たちには多すぎる。

そういえば先日絞った200キロのリンゴは110リットルのジュースに。
これは、毎日飲むものなので、もうちょっとあってもよかったかなー。
 
 

2 件のコメント:

  1. うちの義両親は庭にある2本の花梨からエキスをしぼり、必要になったら出してきてジャム(シィレー)を作っております。うちの主人がパンにつけて食べてます。おいしいですよ、お試しあれ!

    返信削除
    返信
    1. コメントと役立つアイデアありがとうございます。
      そうですね、シィレーだったらジュースにシィレーツッカー入れて簡単に作れますよね。
      試してみます!

      削除