2017年1月16日月曜日

10年ひとむかし


トップ画像を変えてみました。
シベリアで良く見かけた、幸せの青い窓枠(と勝手に今名付けた)


撮りためている写真を整理するのに、昔の外付けハードディスクを開けて見たら
懐かしい写真の数々。

10年前って、昨日のようだけど、やっぱ10年も前だったんだな。。。。色々思い返す。


当時本当に良く山登りをしていて、山の写真が沢山ある。

10年前の秋には、マーと二人で世界遺産になったばっかりの知床半島に向かった。

仕事で北海道に数日滞在していたマーを追いかけて、私は飛行機で札幌まで行き
それからレンタカーで知床へ向かったんだった。

4日間ほとんど人に会うこともなく、いやでもクマには会って少し怖い思いをしながら
縦走を終え、翌日から違う山に入るというマーを置いて、また一人で東京に戻った。

山登りだけをしに、わざわざ北海道に飛行機で向かうなんて、今からだと考えられぬほど
フットワークが軽かったなと。







 これは赤岳。

雲海から望む富士を見たとき、富士山は登る山ではないなと思った。
登るより、遠くの山の高いところからの富士山見たさに、周辺の山も けっこう攻めたっけ。


2日間の登山を終え東京に戻り、連れの韓国人の友達と韓国カラオケバーに行き
気づくと朝で、仮眠して仕事に向かった。

あのころのスタミナ、今はないなー。

 31歳だったあの頃。

人生の中で一番アクティブな時期で、一番ポジティブで、ものすごい゙開けている゛人だったと、
自分でも思う。

山に登るようなことが徐々に好きになり、交友関係も変わってゆき、人生観も変わって行った
そんな時だった。

そして「東京から出たい」と思っていたのもこの時期で、結果色々な導きにより最終的には
日本から出てゆくことになった。

右往左往、浮いて沈んで日々が連なり、10年経って今に至り。


次の10年後に今日の日を振り返って、私は何を思うのかな?

なんだかこの頃、落ち着きすぎて、馴染み過ぎて、色んな事がぼんやりぼやけてきた。

何かしたい、何かやらなきゃと。

何だろうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿