2017年1月23日月曜日

クロスカントリー@チューリンゲンの森



昨日突然思い立って、クロスカントリーに出かけようということになり
マーの従兄が住むチューリンゲン州にある森の町へ。

起伏に富んだ土地に森が広がるこの地域は、日本のような山登りスポットこそないものの
従兄が住む町のように海抜800mともなれば、雪はけっこう降り積もるわけで。

今年は例年に比べて少ないと言っていたけど、私からしてみたら豪雪地帯です。


坊やんはまだまだスキーは履けないので、たまにパパに背負い子で担がれ、たまにソリ。
全部で8キロの短いコースだったけど、ちびっ子連れには丁度良かった。




とても天気のよい日で、雪遊び日和にもかかわらず、森ですれ違った人は数人のみ。

ここは相当な穴場と見た。

こんなところに住んでいる従兄がうらやましいわ。

そんな昨日と打って変わって、本日朝の気温が-12℃。

寒いというか、痛い。

2 件のコメント:

  1. そっちは寒いのですね。
    こちらはせいぜい-5くらいまでと、まだ耐えられる範囲(?)です。
    しかしkotomiさんとマーさん、アクティブ!
    うちはもともと私がインドアなのとオットは昔スノボでもスキーでも怪我をしたのでなんとなく雪は敬遠されております。。。
    でも綺麗な雪の中を動き回るのって気持ちいいんですよね。
    お坊ちゃま、さぞ楽しかったに違いありません。

    前記事のショイベさん、おかしいですね。
    しかしそんな本がまたなんでドイツに…(笑)
    お正月に風邪で動けないのをいいことに「Jin仁」という日本のドラマにはまっていたんですが、幕末に現代の医者がタイムスリップするというお話で、そのことを思い出していました。
    https://www.youtube.com/watch?v=RGA0HMp6xsE&feature=share

    返信削除
    返信
    1. こちらは今日も寒かったです。。。。
      クロスカントリーは、アクティブなスポーツというよりは、散歩の延長みたいな感じで
      初心者でも楽しめます。
      私もウィンタースポーツとは無縁の人だったんですが、ドイツに来て好きになりました。

      ショイベさんは、話すと長いんですが、要は近所のオジサンがこのショイベさんの
      お孫さんと知り合いで、日本人がこの町にいると最近知ってからは、文献やら
      手紙のコピーやらなんやら、興味があるだろうと思って色々持って来られるのです。
      本は1冊7000円もするんですが(!)、当時の日本の様子が生き生きと綴られていて
      とても面白いです。

      jinですか。
      なんだか私もはまりそう。
      リンクありがとうございます!

      削除