2017年5月24日水曜日

「好き」の魔法

こいのぼりを昨日やっとしまった、、、

くり坊、あと1カ月で3歳。

最近幼稚園のクラス替えがあり、今月から3歳から6歳児が通うクラスに行っている。

そのせいもあって、言葉の発達や運動能力、とにかく知恵のつき方が今までと比べものに
ならないほど早く、この1カ月で毎日毎日すごいものを見せてもらっている。


会話は相変わらず、私は日本語で話し、彼はドイツ語で返事をする。

たまーに片言の日本語単語が出てくるぐらいにはなったかな。


一番良く聞く日本語は「まま、しゅき(好き)」❤



先日、開いてる傘を無理やりドアから通そうとして、くり坊が壊すという事があった。

で、私は怒った。
怒って、何でそれがいけないかちゃんと聞かせようと呼び寄せたが、目も合わさず逃げて
行って、そのまましばらく一人で遊びだしてしまった。

それから15分ぐらい経ったころだろうか、洗濯物を畳んでいた私の足元に寄って来て
突然「ごめしゃい」 と謝ってきた。

ごめんなさいという日本語で。

私は驚いて「なんで謝るの?」って聞いたら

「僕、僕、悪い子(böse)」 返事はドイツ語。

「ごめしゃい、ごめしゃい、まま、しゅき」




んもーーーーー、許す!




1本しか持ってない傘壊されたけど、許す。

と、完全にほだされるいる私。

こんな小さいころから、こんな知恵がつくとはね。

嫌われることが怖いという恐怖心がもう芽生えていて、繋ぎ止めておこうとする言葉も
出てくる。

これって例えば、浮気した男が「許してよ、愛してるから」といって、ついつい許してしまう
女の心理と変わり無い?笑

そんなことないか?

語彙が少ないからこその、自己防衛? 浮気男とは違うか。


とにかく状況に応じて、この「しゅき」はどんな意味があるのか、考えるのも楽しくて。

ルバーブの巨大葉っぱで大興奮!



今日もなかなか寝付けない彼に、私がもう部屋を出ようとすると引き止められて

「なんで一人で寝るのがいやなの?怖いの?」と聞くと

「ううん、ちがう。。。。。。。まま、しゅき」といって、頬っぺたを顔にスリスリしてくる。

わかった、今日はもうこのまま君とねてしまおう、、、とそのまま2時間眠ってしまった。


これ、私にとってはかなり効果がある。

10の理由や言い訳を聞かされるより、たった一言の「しゅき」パワー。

好きって言ってればなんでも許されると思うな、、、、、、いや、許す!笑

今のところ、「うれしい」「楽しい」「気持ちいい」とか、そういう言葉は言えないから
全部「ママしゅき」で代用してる。

こんなことも期間限定でしょうね。
いつかこの「しゅき」がなくなって、ちゃんとした言葉で色々説明ができるように
なっちゃた時に、私はものすごく寂しくなるような気がするな。

そんな時なんて、すぐにやってくる。涙
 

 母の日には、幼稚園で作ったんだというマフィンをもらった。
混ぜるのを手伝って、オーブンを見張ってたって。

私へのプレゼントなのに、幼稚園から自宅まで両手で大事そうに運んでいたっけ。
そして、半分自分で食べていたけど笑

永久保存したいぐらいの、うれしい贈り物だったな。





0 件のコメント:

コメントを投稿